街を歩くと、明らかにカツラだろう、とバレバレの人や、逆に、よく見ないと全くわからない人がいます。この人たちの違いは何でしょうか。ここでは、そんなバレにくい装着方法を紹介していきたいと思います。

フィットしたものはバレにくい

バレない方法、結果を言ってしまえば、ちゃんとフィットしているものはバレません。バレるカツラというのは、つまりその逆のものを指します。では、フィットしているカツラとは、どういうものをいうのでしょうか?

ポイントの一つは、自毛とカツラの毛が馴染んでいるかです。具体的には、色やつや、くせなど。これを満たしていないと、自毛が白髪混じりなのに、頭頂部分だけがやけに黒々としていたり、不自然な髪質、また、年齢にあわない髪の量であったりとカツラだとわかりやすくなってしまいます。

もう一つは分け目。カツラは分け目のあるものないものがあります。分け目のあるものでバレやすいのは、目の細かい櫛ではっきりと分け目を作ってしまうことです。これだと、不自然になってしまいますので、スケルトンブラシなどで、自然な分け目を作って少々ぼかし気味にセットすると自然にできあがります。

最後に生え際です。通常、生え際には細かな毛、短い毛など、うぶ毛があります。これを作り、生え際をぼかすことによって、さらにバレにくくなります。

余談ですが、カツラがバレてしまう原因の避けがたいものとして、同じくカツラを利用している人たちの目があります。一般の人にはわかりませんが、いくらうまくセットしても、同じ者同士、自然とわかってしまいます。